菊花賞予想~2週連続無敗の3冠馬誕生となるのか~

2020/10/25

競馬 競馬予想

t f B! P L

 日曜日の京都競馬場のメインレースは菊花賞!先週の秋華賞はデアリングタクトが見事に無敗の牝馬3冠を達成しました。

今週はコントレイルが無敗の牡馬3冠に挑みます。

3歳牡馬の最後のクラシック菊花賞、予想に入ります。


予想

◎ コントレイル
〇 ヴェルトライゼンデ
▲ ヴァルコス
△ ロバートソンキー
△ ダノングロワール
△ ディープボンド
△ ディアマンミノル
☆ マンオブスピリット

見解

本命はコントレイルです!(^^)!
この馬に関して語ることは今更ないですが、今年の3歳牡馬の中では抜けた存在です。唯一のライバルであったサリオスもいない今回、3冠達成は濃厚だと思います。
先週までと異なり内枠からもしっかりと伸びてこれる馬場状態であるため内枠は歓迎ですし、福永騎手がしっかりとエスコートしてくれることでしょう。
2週連続の無敗の3冠馬誕生に期待してます。

対抗はヴェルトライゼンデにしました。
正直相手は混戦模様だと思いますが、この菊花賞に賭ける意気込みが非常に高い陣営、池添騎手に期待しました。
ダービーは3着、トライアルの神戸新聞杯でも2着とこの世代ではトップクラスの実力はありますし、3枠6番の枠も良いです。
勝ちに行き過ぎると失速する可能性もあるので、その点が懸念材料です。

3番手評価はヴァルコスです。
血統的にこの菊花賞に最も合いそうなのがこの馬です。
以前から菊花賞では狙おうと思っていた馬ですし、最終追い切りが軽めなのが多少気になりますが、中間はしっかりと乗り込まれています。
三浦騎手の乗り替わりは残念ですが、ベテランの岩田騎手に頑張ってもらいましょう。

以下、ポテンシャルの高いロバートソンキー、距離が合いそうなダノングロワール、距離に不安はありますが京都実績のあるディープボンド、古馬撃破で勝ち上がってきたディアマンミノル、枠と鞍上が怖いマンオブスピリットまで。

このブログを検索

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Amazon

楽天市場

楽天市場

Follow by Email

QooQ