シンの競馬予想~神戸新聞杯~

2020/09/27

競馬 競馬予想

t f B! P L

今週日曜日は菊花賞トライアル神戸新聞杯が開催されます。

なんといっても注目は無敗の2冠馬コントレイルでしょう。皐月賞、ダービーともに2着であったサリオスもいないメンバー。コントレイルの3冠に向けての通過点となるのか、それとも負かす馬が出てくるのか、注目の1戦です。


予想

◎ コントレイル
〇 ビターエンダー
▲ エンデュミオン
△ ディープボンド
△ ヴェルトライゼンデ
△ マンオブスピリット
△ マイラプソディ

見解

本命はコントレイルです。
本番は先なので、それほど仕上げた印象はないですが、3冠へ向けてまずは通過点となるでしょう。それほど現3歳世代では抜けている馬だと思います。
唯一の懸念は、内に包まれて直線なかなか抜け出せずにといったパターンも想定されなくはないですが、それも杞憂に終わるはずです。

対抗はビターエンダーとしました。
主戦の津村騎手が中山で騎乗のため、吉田隼人騎手に乗り替わりですが、特にクセのある馬ではないので、そこは問題ないと思います。
ダービーではスタートで躓いて後ろからの競馬になりましたが、本来は先行できる馬。今の中京競馬場は前につけた馬が有利な馬場傾向ですし、ペースもそれほど上がらないでしょう。得意の左回りで好レースを期待してます。

3番手評価はエンデュミオンにしました。
前走は2勝クラスで2着でしたが、勝ちに等しい内容でしたし、乗り慣れた秋山騎手に戻るのもプラス材料。
何より中間の調教がびっしり乗られており、ここに向けた本気度が伝わってきます。ロースSでもそうでしたが、トライアルに本気で仕上げてくる馬が番狂わせが起こすものです。
神戸新聞杯ではこの馬をピックアップしました。

実績的にはヴェルトライゼンデを評価しないわけにいきませんが、熱発明け、大外枠という割引材料があるので評価を下げました。
中間、デムーロ騎手が付きっきりで調教をしたマンオブスピリットも怖い存在。ここで一発があってもおかしくありません。


このブログを検索

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Amazon

楽天市場

楽天市場

QooQ