これからは個人で稼ぐ時代!フランチャイズも選択肢⁉まずは情報を集めてみよう

2020/10/27

起業 副業

t f B! P L

4月の緊急事態宣言からしばらく経ちましたが、新型コロナウイルスの収束する気配はないですよね。多くの方にとって環境変化があったのではないでしょうか。
先行きが見えない中、仕事への不安、生活への不安を感じてる方も多いかと思います。

経済的にも大打撃を受けており、残念ながら倒産してしまった企業もありますし、傾きかけている企業も多くあります。
大企業に勤めてるからと言って安心な時代ではないですよね。

また、4月以降テレワークの普及により在宅勤務を取り入れる企業が大幅に増えましたし、今でも在宅勤務をされている方も多いのではないかと思います。
在宅でも十分仕事を回せていた企業は、こんなに雇わなくても人出は足りているなと気づいていますし、財務状況が厳しい会社も人員整理が今後進んでいくと思われます。

分かれ道

こんな時代だからこそ、自分の手で稼ぐ力を身につけていかなければなりません。だからといって、どうやって起業するか分からないし、成功するかも分からない。YouTubeで稼げるかも分かりませんよね。

起業するにあたって(もちろん副業も)、自身で1からスタートするよりも成功する可能性の高いのがフランチャイズだと私は思います。
今回は、私自身の経験則も踏まえて、フランチャイズのメリット、デメリット、どうやって加盟していくのかを紹介していきます。

フランチャイズってどうなの

メリット

  • 一般に広く知られているチェーン名やマーク、イメージを利用できる。
  • 未経験でもそのサービスに参入できる。
  • フランチャイズ本部が過去に蓄積した実績と経験に基づき事業を行なうので、個人で開業する場合と比較して成功する確率が高い。
  • フランチャイズ本部による経営指導(税務・会計・法律など)や援助(新商品開発、仕入れ確保、販売促進、教育など)が受けられ、営業に専念できる。
  • 独立した事業者として営業できる。
  • 本部が大量に仕入れ、また生産した質の高い商品や材料を安価で安定して購入できる。
  • 銀行からの融資を受けやすい。
  • 広告・宣伝など、フランチャイズチェーンならではのスケールを生かした販売促進活動に参加できる。

デメリット

  • 加盟するための加盟金や月々のロイヤリティ等を支払わなければならない。
  • フランチャイザー(本部)の提供するフランチャイズパッケージのルールにより、チェーンの統一性が優先され、フランチャイジー(加盟者)は個人のアイデアを自由に生かすことが制限される。
  • 営業権の譲渡や、秘密保持義務などがある。また、契約期間途中での事業終了には一定の条件がある。

まずは情報を仕入れよう

フランチャイズにも様々な業態があり、塾経営であったり、飲食業、サービス業、不動産業、副業系など多くのフランチャイズがあります。
まずはWEB上で情報を見て、気になった募集があれば資料請求すると良いでしょう。実際にWEB上に記載されている情報より、より詳細な情報が送られてきます。
私が使っていたのは、「フランチャイズの窓口」と「フランチャイズ比較ネット」です。

*月間PV数は100万PV以上。フランチャイズの窓口はこちら↓
*日本最大級のFC募集サイト。フランチャイズ比較ネットはこちら↓

フランチャイズの総合サイトはいくつかありますが、重複している募集もあれば、そこでした掲載されていない募集もあるので、いくつ登録しておいた方が良いでしょう。資料請求は無料ですので、気になった募集があればどんどん資料請求した方が良いと思います。

そして実際に資料を見て、もう少し詳しく知りたければ、説明会等に参加するといった流れです。説明会では、より詳細な話や今後の流れなんかも聞けますし、質問があればそこで確認することもできます。説明会に参加したからといって、別に加盟する必要はないので大丈夫です。
説明会では、実際に加盟しようか検討している企業の社員と面会できますので、実際どんな人が働いている企業なのか判断材料にもなりますので大切です。

実際私も、フランチャイズの加盟しようか検討してから、実際に加盟するまでにはけっこうな時間を費やしております。迷っているならまずは資料請求だけでもして、情報を集めておくのが良いと思います。


フランチャイズの窓口

このブログを検索

人気ブログランキング

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

Amazon

楽天市場

楽天市場

Follow by Email

QooQ